So-net無料ブログ作成

渇き [cinema]

335126_001.jpg

「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」の鬼才パク・チャヌク監督が、吸血鬼となってしまった神父を主人公に描く禁断のラブ・ストーリー。エミール・ゾラの『テレーズ・ラカン』をモチーフに、聖職者でありながら図らずも吸血鬼となってしまい、挙げ句に人妻と恋に落ちてしまった男が、信仰と欲望の狭間で葛藤しながらも罪を重ねていくさまを、ユーモラスなタッチを織り交ぜつつグロテスクかつ官能的に描き出す。主演は「殺人の追憶」「グエムル -漢江の怪物-」の名優ソン・ガンホ。共演にキム・オクビン、キム・ヘスク。  病院で重病患者たちを看取ることしかできない自分の無力さに絶望したカトリックの神父サンヒョンは、アフリカの研究所で極秘に進められていた致死率100%の謎のウイルスに対するワクチン開発に、自ら実験台として参加する。ほどなく発病し、命を落としたかに思われたサンヒョンだったが、正体不明の血液を輸血され、奇跡的に生き返る。帰国したサンヒョンは、信者の一人から病弱な息子の祈祷を請われ、幼なじみのガンウと再会する。彼はそこで一家に虐げられているガンウの妻テジュと出会い、思いがけず心惹かれていく。そんな中、彼の肉体はいつしかヴァンパイアのそれへと変貌、生き血を吸わなければ生きていけない存在となってしまったサンヒョンだったが…。

<完全にネタばれしてるのでこれから観る!という方はご注意ください。>

生まれて初めてお金を払って韓国映画観てきました。
なぜなら大好きな吸血鬼映画だったから!
パク・チャヌク監督の「オールドボーイ」も結構好きだったし
予告編を観てこれは期待できるかなぁと思ってました。
ところが・・・うーん、のっけからなんとなく映画の世界に入って行けず。
なんでなんでしょう、なんとなく筋は分かるんだけど
冒頭あたりはなんだか慌ただし過ぎて
聖職者としての苦悩というのが全く伝わってこなかったせいか
アフリカのウィルス研究所に死を覚悟で行った主人公の心境もあまり理解できなかったです。
あとから”あぁそういうことなの?”ってカンジで完全に映画の世界に遅れをとってしまった私。
あとあらすじには”信仰と欲望のはざまで苦悩する”って書いてあるけど
私にはその苦悩がまったく伝わってこなかったです。
生前に神に仕えていた身だったわりにはわりと簡単に人妻と不倫してるし。
主人公はウィルス研究所のあるアフリカに行った時点で
聖職者としての自分を”殺した”わけですから
ヴァンパイアとして甦ったときから神への信仰なんてもう意味が無いし
そもそも神父としての苦悩なんて持ってる方がおかしい気がします。
エミール・ゾラの原作も読んだことがないので
どこまで原作に沿って描いてるのかわかりませんが
ヴァンパイアにウィルスに不倫に殺人に神への信仰・・・
ちょっといろいろ盛り込みすぎ?
やっぱり盛り込みすぎると焦点がぼやけてくる気がしました。
あとこの映画でダメだったのが音でしょうか。
吸血鬼として血を吸ったり、
人妻との快楽に溺れて欲望むき出しのときの音がとにかく生々しくて
私はちょっとダメだった・・・何もあそこまで下品にしなくてもと思うのですが。
別にお上品なのが良いとは言いませんが、生理的にちょっと・・・ってカンジでした。
後半あたり、自分を騙し夫を殺させた人妻を怒りのあまり殺してしまったあと
思い直して自分の血を飲ませることで吸血鬼に変えたあたりから
ちょっと映画のトーンが変わってちょっと面白かったです。
もともと自分の不幸な身の上を呪っていた人妻。
不死身のパワーを与えられたことで有頂天になり
嬉々としながら人を殺め血を貪っていきます。
よく出てきますよね、こういう自制の効かなくなる吸血鬼って。
でも美しさ倍増なうえものすごく生き生きしてるから余計怖い。
そんな人妻の行く末を恐れ、彼女とともに日の出前の海に向かう主人公。
結局はふたりとも灰となってしまうのですが
最後のあがきの場面も妙に長い気がしました。
随所にユーモラスな場面も入れていましたが
全体の重い雰囲気のせいで笑う気にすらなれず。
映画を観終わったあとはたとえがアレなのですが
おもーい生理が終わったような気分でした。
このじっとりとまとわりつくような湿度の高さはアジア映画独自のものなのかしら?
吸血鬼というと優雅で美しい悪魔といったイメージですが
ここに出てくる吸血鬼は欲望がむき出しで
まるで人間の強欲が露出しているような居心地の悪さでした。
子どもっぽいと言われても
私はやっぱりアン・ライスの描くようなヴァンパイアの方がいいかな(苦笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。