So-net無料ブログ作成
検索選択

プラネット・テラー in グラインドハウス [cinema]

B級映画ばかりを2本立て、3本立てで上映するアメリカでかつて流行った映画館“グラインドハウス”を現代に甦らせるべく、クエンティン・タランティーノ監督と盟友ロバート・ロドリゲス監督がホラー映画を競作した2本立てムービー「グラインドハウス」のうちのロドリゲス版で、独立した1本の作品として再編集されたディレクターズ・カット完全版。謎の化学兵器でゾンビと化した感染者が溢れかえる田舎町を舞台に、ゾンビに片脚を奪われたセクシーヒロインの怒りの“片脚マシンガン”が炸裂する近未来エロティック・バイオレンス・アクション・ホラー。主演は「ブラック・ダリア」のローズ・マッゴーワン。なお日本での上映に際しては、本編前にダニー・トレホが主演する架空のアクション映画「マチェーテ」の予告編も上映される。
 テキサスの田舎町。軍事基地で極秘裏に実験が行われていた生物化学兵器が流出・拡散、そのガスを浴びた人々が次々と凶暴なゾンビへ姿を変えていく。一方、ゴーゴーダンサーをしていたチェリーは、ゾンビ化した人間に右脚を喰いちぎられてしまう。彼女は元カレ、レイの助けを借り、木製テーブルの脚を義足代わりにして逃げ延びる。やがてチェリーは失われた脚にマシンガンを装着、次々と襲いかかるゾンビや兵士に向けて怒りの弾丸をブッ放すのだった…。

ローズ・マッゴーワンのミニスカ片足マシンガン姿を見て以来、是非観てみたかった今作。相変わらずロドリゲス作品のキャラって変態ばっかですね(笑)。なかでもタランティーノの変態ぶりは強烈でした。タランティーノって変態以外演じてるのを観たことない気がするんですけど(爆)。他にもブルース・ウィリス、ブラック・アイド・ピーズのファーギー(B級テイストっぽくチープな雰囲気が最高)、「LOST」のナヴィーン・アンドリュース(なんと睾丸集めが趣味のマッド・サイエンティスト)、なつかしのマイケル・ビーンも顔を出してます。映像的にもっとB級っぽく安っぽいカンジなのかなと思ったら、化学ガスを吸って毛穴中から膿がブクブク出てくる描写とか、ゾンビ化したひとたちが生きた人間の肉を食いちぎるシーンとか結構リアル。特にワタシはブツブツ恐怖症なので膿をブクブクさせながら迫ってくるゾンビのせいでだんだん体調が悪くなっちゃいまして。なんとか持ちこたえて最後まで踏ん張りましたけど(苦笑)。特に気に入ったのはローズ・マッゴーワン演じるチェリーが怒りの片足マシンガンを装着してから。敵の陣地に塀を越えて乗り込むのに、銃名人の彼氏が片足マシンガンの先端を撃つとマシンガンが火を噴いてチェリーちゃんがロケットみたいにぶっ飛んでくシーンとか拍手したくなるほど最高!カッコ良く着地したと同時にくるくる回転しながらマシンガンをぶっ放すんですけど、手も使わずにどうやって撃ってるのかは謎(笑)。でもカッコ良いから許す!!もぅビジュアルさえ良けりゃなんでもアリです(笑)。

映画評論家の町山智浩さんがしきりに言ってたんですが、主演のローズ・マッゴーワンとロドリゲス監督はこの映画がきっかけでデキちゃったらしく、ロドリゲス監督の家庭崩壊を招いた作品になってしまったそうで。どうりでマッゴーワンちゃん、いつも以上にキレイに映ってるもんなぁ。監督の愛ですね。女のワタシが見てもマッゴーワン可愛い!!

ゴーゴーダンサーから片足マシンガンの女ソルジャーに!

注射器が武器の女医ダコタを演じたマーリー・シェルトンって「冒険者たち」のジョアンナ・シムカスとシドニー・ポワチエの娘なんだそう。なもんでかなりのべっぴんさん。

 

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 1

NO NAME

しきりにいってたんですがじゃねえはげ
by NO NAME (2012-09-25 08:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。